地域に密着した医療を提供するあなたの街のホームドクター

お問い合わせはこちら 047-334-2551

〒272-0814
千葉県市川市高石神35-8

ペインクリニック 専門医療

ペインクリニックについて

ペインクリニックはペイン(痛み)とクリニック(診療)を合わせて作った言葉で、その意味は「痛みを治す、あるいは和らげる治療をする」という意味です。
もともと麻酔を専門とする医師が手術を受ける患者様の痛みを取るという技術を応用して、外来診療の場で様々な痛みとそれに伴う症状を治療する専門医療のことを言います。
痛みの原因は多岐にわたりますが、打撲傷などの炎症に伴う痛みが最も一般的です。しかし、最近では帯状疱疹後神経痛に代表される神経障害性疼痛や自律神経に起因する痛みも明らかになってきており、痛みの原因をきちんと調べて特定し理にかなった治療を行う事が肝要です。
ペインクリニックの治療内容は神経ブロック治療と呼ばれる注射の治療を初め、温熱療法やレーザー、低周波干渉波などの理学療法、さらには様々な種類の薬物療法などがあります。病気によって細かく治療内容が変わりますので、診察の際には症状や経過など担当医師にお気軽にご相談ください。

人間にはもともと自分に降りかかった障害を自分で治そうとする力を備えています。これを「自己治癒能力」などと呼んでいます。ペインクリニック治療は単に痛みを和らげるだけで無く、この「自己治癒能力」を高めていくことも治療の目的です。神経ブロック注射により自律神経の一つである交感神経の作用を弱めてそれにより血行を改善させ、傷害された部位に動脈に含まれる豊富な栄養や酸素を供給する、これが自己治癒能力の向上につながります。

ペインクリニック治療対象疾患

頭頚部・顔面・目耳鼻の疾患

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、顔面神経麻痺、顔面痙攣、三叉神経痛、突発性難聴、アレルギー性鼻炎、花粉症、顎関節症、メニエール病、耳鳴り、味覚障害、頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア、頚椎脊柱管狭窄症など)、慢性副鼻腔炎、網膜中心動脈閉塞症、視神経炎、アレルギー性結膜炎、飛蚊症など

肩・上肢の疾患

頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、肘関節炎、腱鞘炎、上肢血行障害など

胸椎・腰椎の疾患

変形性胸椎症、胸椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、胸椎圧迫骨折、腰椎圧迫骨折など

下肢の疾患

変形性膝関節症、坐骨神経痛、閉塞性動脈閉塞症、下肢末梢循環障害など

全身疾患・そのほか

帯状疱疹後神経痛、自律神経失調症、冷え症など

当院で行われている代表的な神経ブロック療法

星状神経節ブロック、硬膜外ブロック(頚部・胸部・腰部・仙骨部)、傍脊椎神経ブロック、肩甲上神経ブロック、大小後頭神経ブロック、カテラン針硬膜外注射、トリガーポイント注射、肋間神経ブロックなど

当院で行われている理学療法


  • 低周波干渉波治療器
    一回15分 治療部位により数セット

  • キセノン干渉波治療器
    一回15分

  • 低出力レーザー治療器
    一回10分1~2セット
PAGETOP